戦略説明書


戦略名称 内容説明
基本戦略A
高レベル物流
商品カテゴリまたは物流カテゴリの異なる多種多様なSKUを持つ物流において、品切率と在庫量の適正コントロールを実現できる先進的かつ高度に機会かされた物流システム戦略を推進する。
A1 多段階複合チャネル編成 中継積替ターミナルや従来型沿革拠点センタを含む多段階の拠点編成によって、工場と配送拠点配置を顧客への配送リードタイムをクリアするように配置し、同時に在庫コスト・輸配送コストを可能なかぎり低減する(ただし、中規模先進的物流システムにおいては、物流コストと配送リードタイムを考慮した生産拠点(FDC)の適正配置により、在庫センタと集約化配送センタの2段階の短い補給チャネルを編成する)。
A2 大規模マルチ物流拠点集約 物流拠点の大規模化、マルチ機能集約化、自動化を行い、スケールメリットによる物流コスト低減を徹底する。
A3 情物一致プロセス整備 在庫現物のリアルなフローストック移動のトランザクションを正確かつ可能なかぎりタイムラグの短い動機か処理により情報と現物の一致を実現する。
A4 複合在庫コントロール 商品カテゴリまたは物流カテゴリの複合カテゴリ編成を行い、それぞれのカテゴリの取扱い量ランキング(ABC管理)ごとの在庫補充アルゴリズムを開発・メンテナンスするkとによって、品切率と在庫量を適正にコントロールする。
A5 全方位受注システム TEL・FAX・対人受注メディア、CTI・EOS・EDI・POS受注などのすべての受注メディアを用意し、顧客対応サービスの優位を図る。
A6 トータル物流サイクルタイム短縮 配送センタの在庫補充発注から納品までのリードタイムとサイクルタイムのトータル物流サイクルタイムを可能なかぎり短縮する。
A7 オーダフルフィルメントサービス 受注から出荷に至る受注オーダのフォロアップのためのステータス情報を把握し、顧客要望や問合せに対応できる体制を確立し、顧客満足度の向上を図る。
基本戦略B
コストダウン重視
デリバリ納期条件と品切水準などのクリアを前提として、在庫コストと輸配送コストを可能なかぎり低減し、コスト効率の向上を図る。
B1 多段階複合チャネル編成 中継積替ターミナルや従来型沿革拠点センタを含む多段階の拠点編成によって、工場と配送拠点配置を顧客への配送リードタイムをクリアし、同時に在庫コスト・輸配送コスト低減を徹底する。
B2 物流拠点大規模集約 物流拠点の大規模集約化、機械化、自動化を行い、スケールメリットによる物流コスト低減を徹底する。
B3 情物一致プロセス整備 在庫現物のリアルなフローストック移動のトランザクションを正確にかつ可能なかぎりタイムラグの短い同期化処理により、情報と現物の一致を実現する。
B4 Pull/Push在庫補充 特売計画によるPush販売予測と定番補充予測との合成による在庫補充システムを整備し、品切率と在庫コストを適正化する。
B5 全方位受注システム TEL・FAX・対人受注メディア、CTI・EOS・EDI・POS受注などのすべての受注メディアを用意し、顧客対応サービスの優位を図る。
B6 トータル物流サイクルタイム短縮 配送センタの在庫補充発注から納品までのリードタイムとサイクルタイムのトータル物流サイクルタイムを可能なかぎり短縮する。